誰でもできる!太りにくい食事の3ポイント!

『ダイエットしているのに、なかなか痩せない・・・』

『食べる量は多くないし、食品も選んでいるつもり』

日々なかなか結果が出なくて、悩まれているかた多いのではないでしょうか。

今回は、ダイエットで意識するとよい食事の3ポイントをご紹介します。

ダイエットで意識するとよい食事の3ポイント

1日3食食べよう

まず脂肪を落としていくには、1日3食バランスよく食べて間食を控えましょう。

1食と1食の間は、4~6時間空けることが理想です。

3食食べることにより、間食でながら食べを防ぐことができます。

中には朝食を食べる習慣がないかたもいらっしゃると思いますが
代謝の低下を防げるので、朝食はなるべく食べたほうが良いでしょう。

食べる順番に気をつけよう 

血糖値が急上昇すると脂肪がつきやすくなります。
血糖値を急激に上げないようにすることが重要です。

そのためには、食物繊維を一緒に摂取することが大事です。
食物繊維が多く含まれているものは、野菜です。

糖質の前に食物繊維をとるといいでしょう。
可能な限り野菜を3食に取り入れて、野菜を食事の最初に食べるようにしましょう。

血糖値の上昇が緩やかになると、脂肪がつきづらくなります。

またエネルギーコントロールだけで考えると、食べる順番が異なっても
摂取カロリーは同じと考えがちですが
食べる順番を意識することで体脂肪のコントロールができるようになります。

食品の選択に気をつけよう

加工度合いと調理法に気をつけましょう。

加工度合いとは、いかに生鮮食品に近いかということです。
スーパーなどで、精肉として売られている状態がベストです。

加工されている食品ですと、ハンバーグやソーセージ・ウインナー・ハムベーコン等です。
加工段階が多ければ多いほど、添加物が入っている可能性が高いです。

加工食品は、精肉に比べると脂質が高い傾向にあります。
脂質が高い=カロリーが高いということです。

※精肉の中には、豚バラ等脂質が高いものもあるので注意しましょう。

なるべく加工されていない食品を選ぶことが大事です。

調理法は、焼く・茹でる・煮る・低温調理がおススメです。

例えば、鶏ももをスパイス等でオーブンでグリルすると
調味料分だけのカロリーしか追加されません。

ですが、鶏ももを唐揚げにするとなると粉をまぶして、
油で揚げるのでカロリーが高くなります。
揚げ物・炒め物は、調理油の分カロリーが追加されますので要注意です。

調理油大さじ1で100kcal前後になるので
食品の選択は間違っていないのに、
調理法でカロリーを追加してしまうと脂肪をつけたくないかたにとっては
そのカロリーの摂取がもったいないと思いますので、調理法には気を付けましょう。

まとめ

短期的に差し迫った目標があって、減量する必要がある場合は
多少強度が強いようなコントロールが必要ですが、
体は一生ものなので、無理なく継続できる食生活・習慣を手に入れられるかが重要です。

特定の栄養素を排除したり、極端に食事量を減らしたり
回数を減らすことは長期的に続けることは難しいです。

ですので、ダイエットで意識するとよい食事の3ポイントを頭にいれてダイエットに取り組みましょう。

 

詳しくは、YouTubeでお話ししています!

パーソナルジムを運営していて
今まで累計3000kg以上のダイエットをサポート。

無理なく継続できるような再現性のある情報をお伝えしておりますので、
是非ご覧になってみて下さい👇

https://youtu.be/fG0Al4MLXhw

Insta:@torihamuuuuu

スポンサーリンク