【ダイエットシミュレーションVol.8】-26kg痩せるにはどのぐらいかかる?過去最高幅のダイエットプランを解説!

ダイエット
スポンサーリンク

今回は!ダイエットシミュレーション始って以来!過去最高幅のダイエットプラン『-26kg痩せるためのダイエットプラン』をご紹介します。

無理のないダイエットの目安と食環境について細かく解説していきます。

それではいただいたコメントを早速みていきましょう!

-26kg痩せるダイエットプラン

プロフィールからご紹介!

プロフィール

名前 おおさか さん
年齢 男性
性別 36歳
身長 166cm
体重 86kg
基礎代謝 約1800kcal

(166cmのかたの標準体重は約60kg)

コメント
無理せず続けられる習慣を身につけて、月1~2kg減で標準体重まで落としていきたい。
2018年の秋頃から筋トレを始めて、100kg→86kgまで落としたのですがここ数ヶ月停滞気味です。
昔は週に2~3回ラーメン(大盛)を食べていたのを週1回に減らしたり
毎晩飲んでいたのを休肝日を作ったり、徐々に生活習慣の改善に取り組んでいるのですが・・・

コメントありがとうございます!

すでに14kgの減量に成功されているのは、素晴らしいですね!

166cmのかたの標準体重は約60kgなので、今の体重でも大きく上回っていますね。
健康面でリスク出てきてしまうので、早めに落としたいところです。

今回の想定

BMI25以上の体重が肥満ラインになるので、まずはBMI25の69kgを目指しましょう。
月1~2kgの減量ですと、7200kca〜14400kcalの消費が必要。
基礎代謝は約1800kcalで、1日の消費エネルギー約2700kcal程度。

1日の摂取エネルギーを2200~2400kcalに設定しましょう。

9〜12ケ月で落ちる計算です。
標準体重の60kgまでは、13〜24ケ月という長期のプランになります。

期間に関してはあくまで計算なので、参考程度にしましょう。

無理のないダイエットの目安

いただいたコメントに『月に1〜2kgの減量』と記載がありましたが、1〜2kgの減量を年単位で行うのは管理が難しいと言えます。

1〜2kgですと短期的な変化が少ないので、モチベーションを保ちながら進捗管理しづらいのです。

1kgは、日々の環境・体内の水分量や排泄物で変化してしまう。
なので1kg〜2kgの設定より3kg程の設定のほうが、1ケ月で考えた時に1週間ごとに進捗を確認しやすいのです。

今回は1ケ月で1〜2kgずつ減量とのご希望なので、必ず1ケ月ごとに自分自身とフィードバックを行いましょう。

もしそこで落ちていない場合は、習慣を見直す必要があります。

食事スタイル

週1の豚骨ラーメンor天下一品がやめられません。
(ついつい替え玉・大盛りしがち)朝食はオートミール粥・昼は自作弁当
(白米130g +味噌汁+おかず3~4品、時々揚げ物を1品入れてしまいます・・・)夜は家族が作ったものを食べるので、調整が難しいです。
(量の調整をお願いしてもできない・残すと不機嫌になる)

天下一品のラーメンは、特に油が多めですよね!

天下一品のラーメンは並盛で、1杯約1000kcalに相当します。

豚骨ラーメンは、1杯約500kcalです。
どうしても食べたいというときには、替え玉・大盛りは控えて、他の食事のカロリーのバランスを見て調整が必要です!

また86kgをキープされているとの事でしたので、昼のおかずと夕食のボリュームが多い可能性があるのと、お酒の量や頻度も見直してみて下さい。

夜はご家族のかたが、食事を作られているのですね。
夕食に関しては、コントロールが難しそうです・・・。

食環境の悩み

自分以外の家族が、食事を作ってくれる環境にあるかたは食事のコントロールがなかなか難しいですよね。

食環境に関するお悩みは意外と多いです!

理想的な食事を知っているのと行えるのは、また別な話。
ご家庭の事情は、それぞれ違うので腰を据えてご家族とお話されるのが良いでしょう。

家族の協力が必要な理由

標準体重より大幅に体重が重いかたは、健康面のリスクが出てくる可能性があるので家族の協力が必要となる場面が多いかもしれません。

朝や昼は自分で調整できても、夜に高カロリーな揚げ物や丼ものが多いとせっかく調整をしているのにカロリーコントロールが大変!

残してしまうと険悪なムードになったりしますよね。

家族の協力を得る方法!その①

同じ屋根の下で生活を共にしていて、その中で食事を作っていただけるのは”おおさかさん”の健康を願っている背景が前提としてあると思います。

自分が健康に関して課題を感じている、その改善には夕食のコントロールがどうしても重要となる事を伝えて理解をしていただけたら良いですね。

伝えるタイミングが重要!

話すタイミングは、食前〜食後は避けたほうが良いでしょう。

なぜなら、食事を作られているかたが”おおさかさん”の事を考えていると思うので、食前〜食後にその話題が出てしまうと”クレーム”という印象が強くなってしまいます。

『せっかく作ったのに!』となってしまいがちです・・・。

家族の協力を得る方法!その②

すごく打算的なお話になるのですが、交渉事は求める代わりに相手に与えられるものも提示したほうが話がスムーズにいきます。

食事の量や質にこだわって作っていただくわけなので、例えば『お休みの日にご飯を作るよ』だったり『食器洗いをやるよ』など相手にもメリットになるような事を伝えると良いでしょう。
家庭内も雰囲気も良くなりお願いしやすくなります。

気をつけるポイント!

天下一品などの高カロリーラーメンを食べている事をご家族が知っている場合は、『夕食だけこだわるなんて!』と思われてしまう事があるかもしれません!

ここは注意しておきたいところですね。

頑張っている姿は応援したくなる?!

人の心理は、頑張っている人を見ると応援したくなるもの!

”おおさかさん”が減量に対しての誠意を日頃から見せる事ができたら、もしかしたら変わるかもしれません!

まとめ

今回は、食環境によりカロリーコントロールが難しいとのお話でしたが、この悩みを抱えているかたは多いです。

コントロールが少しづつできるようになってきて、自己評価でこれだけコントロールしているのに、落ちないという場合は消化器の慢性炎症により脂肪燃焼が起きにくい場合がごくまれにあります。
その場合は、お近くの専門家に行くことをおススメします。

ご家族の協力が得られて、ダイエットを成功されることを願っています!

詳しくは、YouTubeでお話ししています!
パーソナルジムを運営していて、今まで累計3000kg以上のダイエットをサポート。
無理なく継続できるような再現性のある情報をお伝えしておりますので、是非ご覧になってみて下さい👇

マイナス26kg痩せるにはどのぐらいかかる?とりはむチャンネル過去最高幅のダイエットプランを解説!

Insta:@torihamuuuuu

 

 

タイトルとURLをコピーしました