お酒を飲みながらダイエットを成功させる方法!アルコールの基本から徹底解説

『お酒はダイエットの敵?』と思い込んでいるかた多いのではないでしょうか。

もともとお酒が好きなかたは、禁酒辛いですよね。

大人になると、お付き合いでお酒を飲む機会が増え『せっかくダイエット頑張っているのに、飲まなきゃいけない』と罪悪感を感じながら、飲まれているかた少なくないでしょう。

ダイエットの敵は、お酒ではなくストレスです!

今回は、ダイエット中にストレスなくお酒と上手く付き合う方法をご紹介します。

そもそもお酒って太るの?

まず、ダイエット中であってもお酒を飲みながら健康的に痩せることができます。
しかし、お酒にもカロリーがあるのでカロリー過多になると、誰でも太ります。

お酒を飲む時は、次の2つを注意しましょう。

・カロリーコントロール
・アルコールの量

この2つに気をつければ、痩せることができます。

また筋肉をつけているかたでも問題ありません。

カロリーコントロール

アルコールそのものに、カロリーがあります。

アルコール1g=7kcal

このカロリーは全て体内で吸収されるわけではなく、3割は熱エネルギーや汗などで代謝されると言われています。
お酒を飲むと、お酒臭くなったり、全身が熱く火照りを感じたりしますよね。
あれは、汗からアルコールが代謝されていたり、熱エネルギーに変わっているからなのです。

アルコールの量

『アルコールの1gってどれくらい?』と思われるかたが多いと思いますので、計算方法をご紹介します。

容量(ml)×度数(%)/100×0.8=アルコール量(g)

市販の缶チューハイ350mlで、アルコール度数7%のものを計算してみましょう。

350ml×0.07×0.8=19.6g
アルコール量:19.6g
カロリー:137kcal(1g=7kcal)

1本あたり137kcalですが、3本飲むと400kcalを超えます。

5本で700kcal近くに・・・。飲み過ぎは注意ということがわかりますね。

また、アルコールの度数が高くて、量が多いほどカロリーが増します。

市販のものはラベルを見ればカロリーの表記がありますが、飲食店ではわからないと思うので、だいたいの基準を頭に入れておくとカロリーへ意識ができるようになるでしょう

アルコールの種類に気をつけよう

アルコールの中に糖質が入っていないものですと、先程お伝えした計算方法で求められます。

糖質が入っていないもの
・焼酎
・ウイスキー
・ブランデー
・ウォッカ

アルコール度数が高いものもあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

糖質が入っているもの
・ビール
・ワイン
・果実酒
・日本酒

糖質が入っていると『アルコールのカロリー』と『糖質分のカロリー』が追加されるので、糖質が入っていないものより調整が必要です。

例えば、ハイボールは糖質がないので、アルコール分のカロリーだけです。
ビールやワインですと、アルコールと糖質のカロリーになります。
この場合、他の食事で糖質を調整すればその糖質の差も問題ないと言えます。

お酒を飲むと食欲が増す?

皆さんお酒を飲むと、食欲が増しませんか?

アルコールには食欲を増進作用があると言われています。
アルコールを飲む際は、アルコールのカロリーを気にしながら食べる物の量を調整する必要があります。
皮下脂肪になりやすいのは、『糖質』『脂質』です。

摂取カロリーを消費カロリーよりも低くすれば、脂肪は落ちます。

アルコール単体では、優先的に代謝されるので脂肪になりにくいですが、
それと一緒に脂肪になりやすい『糖質』『脂質』が入ってくると、優先的にエネルギーとして使われずに余り、脂肪になると言われています。

おつまみの選びかた

お酒を飲む時は、『糖質=炭水化物』『脂質=揚げ物など』に気をつけましょう。
ついつい居酒屋ですと、メニューが豊富なので楽しみたくなりますが、
揚げ物や炭水化物は控えて、なるべく野菜を中心としたサラダ・お刺身・枝豆・焼魚・焼き鳥(塩)などを選ぶと良いでしょう。

この流れから言うと、お酒を飲んでからシメのラーメンは危険だということがわかりますね。

お酒の目安量

アルコールを飲むと、肝臓の動きが抑制されると言われています。

それを理由に、アルコールはダイエットの敵!とダイエット関連の記事で目にすることが多いでしょう。
もちろん、肝臓は脂肪燃焼や筋肉の合成を行っている重要な臓器。
ただ、適度な摂取量であれば肝臓への影響が少ないのです。

体重によってアルコールの許容量は違いますが、
だいたいの目安は、1日1杯。(アルコールだと10g程度)

体脂肪を減らしたり、筋肉を増やす上でも影響が少ない量です。
5杯以上を飲むと、肝臓の働きが抑制され脂肪を溜めやすく筋肉を増やす上でも支障が出てきます。

ダイエット中の思考

ダイエットは、より良い生活を送るための手段であり、過程に過ぎません。
『自分に自信を持つ』『痩せて好きなファッションを楽しむ』など、より良い生活を送ることが目的です。

ダイエットや体作りが最終目標となってしうと、生活の質が低下する可能性があります。

お酒好きなかたが禁酒をしたら、唯一楽しみなものを制限され体作りが、楽しいものではなくなってしまいます。

もちろん、お酒はカロリーがあるので飲まないに越したことはありません。
ですが、ストレスを感じない程度に、なるべく楽しくこれだったら長く続けられそう位のペースでやるのが、ダイエットや体作りに重要です。

・お酒のカロリーを含めて、総カロリーを気にする
・1日1杯を心がける

この2つに気をつけながら、理想の体に近づけるように日々の食べる物の選択をしていきましょう。

詳しくは、YouTubeでお話ししています!
パーソナルジムを運営していて、今まで累計3000kg以上のダイエットをサポート。
無理なく継続できるような再現性のある情報をお伝えしておりますので、是非ご覧になってみて下さい👇


Insta:@torihamuuuuu 

スポンサーリンク