効率的なダイエット!プロが教える-3kgを達成する方法

食べないダイエットや過度な食事制限で、一時的に体重が落ちて喜んだ経験はありませんか?

これは、体内の水分や排泄物が出て体重が一時的に軽くなったもの。

残念ながら、急激に脂肪が落ちているわけではありません。

今回は、どうしたら体脂肪を落としながら-3kg達成できるか、本質的な情報をお伝えします。

-3kg痩せるには、○○kcalの消費が必要?

まず体重を-3kg落とすために必要なエネルギーは、21600kcalです。

21600kcal?!と聞くと、数字が大きいことから無理かもと諦めてしまうかたは少なくないでしょう。

しかし、これを1ケ月で日割りにすると1日あたり700kcal程のエネルギーコントロールが必要ということになります。
この数字をみると、少し現実味が湧きますよね。

脂肪1gは、7.2kcalで燃焼します。

摂取エネルギーが消費エネルギーより、7.2kcal多くなった時に、脂肪が1g燃焼される仕組みです。

成人女性の1日の消費カロリーの平均は、1700kcalと言われています。
1700kcalのかたが1日の食事を1000kcalに抑えると、やっと1ケ月で3kgの脂肪を落とすことができます。
(21600kcal÷700kcal=約31日)

食べなければ痩せるは、大間違い!

例えば、1日の消費エネルギー1700kcalの女性が、何も食べないと何日で3kg落とすことができるでしょうか。

絶食をしても12日は、かかる計算になります。
何も食べない12日はあまりに非現実的ですよね。

体も心も元気がなくなり、健康的とは言えないでしょう。

仮に、絶食ができたとしても食べていないことで体は餓死状態と認識し、代謝の低下や筋肉が落ちることがあります。
体はエネルギーがない状態で消費を行おうとはしないので、結局脂肪を3kg落とすために12日以上かかってしまうでしょう。

脂肪は急激に落ちない!

よくSNSや広告で、『すぐ痩せる!』など目にしますが、それは脂肪を燃焼させ体重を落とせる可能性は低いです。

過度な食事制限で一時的に体重が落ちるダイエットは、水分量や排泄物が体の外に出されたため、その分体重が軽くなるということ。

残念ながら、体重-3kg=体脂肪-3kgではありません。

脂肪は燃焼されておらず、その体に水分・糖質・脂質を摂取した場合、体はエネルギーがやっと入ってきたと蓄えようとし、体重が元に戻ります。

ここで間違った認識をしてしまうと、一時的な体重の減少による、体重の数値に囚われやすくなります。

痩せてはリバウンドの繰り返しで、モチベーションにも影響が出てくることでしょう。

痩せるにはエネルギーコントロールが近道!

ほぼ全てのかたが、運動してエネルギーを消費するよりも食事でコントロールをしたほうが楽だと言えます。

以下の通り、比べてみましょう。

・おにぎり1個食べると約160kcal

・160kacl消費するのに、ランニング10~20分

毎日するとなると、おにぎりを我慢したほうが楽ですよね。
エネルギーコントロールを行なっているのに体重が減らない場合は、食事の見直しや有酸素運動を取り入れるとことをおススメします。

まずは1日700kcalの消費をしながら、1ケ月で21600kcalになるよう目指しましょう。

そうすれば、1ケ月で-3kgの体脂肪が落ちます。

もちろん、体重が多いかたや標準体重を下回っているかたは落ちるペースが変わってくるので個人差があります。

エネルギーコントロールで健康的な体作りを!

ダイエットを効率良く健康的に行うには、エネルギーコントロールが重要であることをお伝えしてきました。

過度な食事制限で一時的に痩せるダイエットは卒業し、適切なエネルギーコントロールを継続することを目標としましょう。

毎日の積み重ねで、継続することに自信がつき魅力的な体を手に入れましょう。

詳しくは、YouTubeでお話ししています!

パーソナルジムを運営していて、今まで累計3000kg以上のダイエットをサポート。
無理なく継続できるような再現性のある情報をお伝えしておりますので、是非ご覧になってみて下さい👇

Insta:@torihamuuuuu

スポンサーリンク